茨城・筑西市観光協会がPRキャラ作成 「ちくせいフレンズ」

観光PRキャラクター「ちくせいフレンズ」
観光PRキャラクター「ちくせいフレンズ」
■資源を擬人化・動物化
茨城県筑西市観光協会(鈴木勝家会長)は、観光PRキャラクター「ちくせいフレンズ」を作成した。脱力系の世界観で人気のクリエイター「やばいちゃん」がデザインした。ダイヤモンド筑波やナシ、ヒマワリなど同市の代表的な観光資源八つのモチーフをそれぞれ擬人化・動物化し、子どもや若者に親しみを抱いてもらえる愛らしい姿にした。

やばいちゃんは、代表作の4こま漫画「おしゅしだよ」で広く知られている。自治体とのコラボは初めてという。

ちくせいフレンズは①ダイヤちゃん と つくばさん(ダイヤモンド筑波)②ちごちー ちごぴー(いちご)③なし坊(梨)④しゃりまる こだまる(こだますいか)⑤てつお(SL)⑥さんふらわん(ひまわり)⑦みこにゃん(神輿(みこし))⑧うまみバード(下館ラーメン)-の計8種。

キャラクターは、リアル宝探し「筑西財宝伝!」参加賞のオリジナルクリアファイルや、ルミネエスト新宿「Sweetsいちごフェア」参加店のコースターに先行活用されている。

同協会事務局は「反響があればキャラクターの種類を増やしていくことも検討したい」と話している。

問い合わせは同協会事務局(電)0296(20)1160。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース