茨城の鹿島臨海鉄道 J1鹿島とコラボ「鉄印」 涸沼駅で販売

涸沼駅で販売が始まった鹿島臨海鉄道と鹿島アントラーズのコラボ鉄印=鉾田市下太田
涸沼駅で販売が始まった鹿島臨海鉄道と鹿島アントラーズのコラボ鉄印=鉾田市下太田
大洗鹿島線を運行する鹿島臨海鉄道(茨城県大洗町)は、サッカーJ1の鹿島アントラーズとコラボレーションした「鉄印」の販売を開始した。同線涸沼駅(鉾田市下太田)内の鉾田市観光物産協会で購入できる。

コラボ鉄印は、鹿島のチームカラーの深紅を基調にマスコットの「しかお」やエンブレム、アントラーズホームタウンDMOのロゴなどがあしらわれている。同鉄道が通年販売する鉄印は、今回のコラボで4種類となった。

鉄印は、寺社巡りで人気のある御朱印にあやかったもの。地方鉄道の振興を目的に、第三セクター鉄道等協議会加盟の40社が連携して企画された。購入(記帳)には、指定の鉄印帳と乗車券の提示が必要となる。

鹿島とのコラボ鉄印の価格(記帳料)は400円。鉄印帳は台紙に各鉄道の印字がある通常版が2200円、印字がなく限定鉄印などを記帳できるフリー版が1320円。

同協会では鉄印の販売を記念し、同市産の干し芋とのセット販売もしている。営業時間は午前9時~午後4時半。月曜定休。問い合わせは同協会(電)0291(37)0478。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース