新型コロナ 入院患者の76%が未接種 ワクチン3回目 茨城

茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県は24日、今月23日までの1週間の県内の新規入院患者(163人)の年代やワクチン接種歴を調べた結果、121人(74%)が60歳以上で、このうち92人(76%)は3回目ワクチンが未接種だったと明らかにした。

入院患者のうち、80歳以上は65人で全体の4割を占めた。60~70代は56人で34%。60歳以上の患者のうち3回目接種済みは29人で全体の24%だった。県は「重症化を抑制するため、前倒し接種の検討を」と呼び掛けている。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース