白バイから逃走、二輪の高2男女重軽傷 乗用車と衝突事故 水戸・国道50号

職務質問するためオートバイを誘導する白バイ、Uターンし逃走するオートバイ、追跡する白バイ(上から)=水戸市千波町
職務質問するためオートバイを誘導する白バイ、Uターンし逃走するオートバイ、追跡する白バイ(上から)=水戸市千波町
6日午後0時40分ごろ、水戸市見川町の国道50号交差点で、茨城県警交通機動隊の白バイの追跡を受けていた同市、高校2年、男子生徒(17)のオートバイと、同市、会社員、男性(36)の乗用車が衝突した。男子生徒は脳挫傷などの重傷、オートバイに同乗していた同市、高校2年、女子生徒(16)は顔に軽傷を負った。水戸署で事故原因を調べている。

同隊によると、白バイは同市千波町で交通取り締まりの際、交差点の右折レーンで停止していたオートバイの排気音が大きかったため、右折先に誘導し職務質問しようとしたものの、男子生徒は従わずにUターンして走り去っていた。オートバイは約2・4キロ逃走した後、乗用車と衝突した。同隊の古井隆史副隊長は「現時点で適正な職務行為だったと考えている」とコメントしている。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース