【速報】新型コロナ 茨城で新たなクラスター疑い3件、いずれも福祉施設

茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県は7日、新型コロナウイルスの新たなクラスター(感染者集団)発生が疑われる県内事例3件を公表した。3件の内訳は、障害者福祉施設、教育・福祉施設、高齢者福祉施設。このうち障害者福祉施設(県央地域)では新たに5人の感染が判明し、感染者は累計10人に増えた。

3件は以下の通り。

①県央地域の障害者福祉施設 新規感染者5人 累計10人
②県央地域の教育・福祉施設 新規感染者1人 累計9人
③県北地域の高齢者福祉施設 新規感染者1人 累計5人

6日以前に公表された主な事例は、県北の高校(4月27日公表)で新たに2人感染し累計17人、水戸市内の福祉施設(5月3日公表)で新たに2人感染し累計12人、県南の小学校(4月25日公表)で新たに1人感染し累計13人、県央の保育施設(5月4日公表)で新たに1人感染し累計10人となっている。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース