茨城・つくば市長 県洞峰公園整備計画巡り「利用者の声集める」

【AD】
洞峰公園(茨城県つくば市二の宮)の県整備計画を巡り、同市の五十嵐立青市長は13日の定例記者会見で「多くの利用者の声を集めて、どういう方向性が一番いいのかを県と協議していきたい」と今後の方針を述べた。

五十嵐市長は「(県と)お互いに利用者の声を聞いていくことで合意した。同じ方向を向いていると認識を持っている」と話した。意見を集める方法については「県と市が共同で実施するようなものになればいい」とした。

一方で、整備計画に対し「市としては、駐車場の改善以外の大きな課題があるとは認識していない。利用者が今までと同じように利用できることが望ましい」との見解を示した。

同計画を巡っては、同市の市民団体が13日、利用者や専門家などが参加する協議会の設置を求める要望書と署名を、県都市整備課を通じて大井川和彦知事に提出した。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース