新型コロナ 茨城県内新規641人感染 90代以上の女性3人死亡

茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県と水戸市は14日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに641人確認されたと発表した。累計感染者は15万1309人。入院中だった90代2人と100歳代の女性計3人の死亡が確認され、死者の累計は431人となった。

大型連休が明けて以降、新規感染者数は6日連続で前の週の同じ曜日を上回った。県によると、新規感染者のうち323人が経路不明。直近7日間を平均した1日当たりの感染者数は618.0人で前週比138.7%。

陽性者は五霞町を除く43市町村で確認され、居住地別ではひたちなか市が74人で最多。年代別では20代が135人と最も多く、60歳以上は44人で全体の6.9%だった。新たなクラスター(感染者集団)の疑いは事業所1件の報告があった。

■茨城県内の感染状況
新規感染者 641人(累計15万1309人)
死者累計 431人
入院患者 77人(重症2人)
退院・退所等累計 14万5632人
(茨城県・水戸市発表、14日午後10時現在)

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース