水戸の梅大使 夏振り袖お披露目 黄緑色地に四季の花

夏の振り袖をお披露目した水戸の梅大使=水戸市柳町
夏の振り袖をお披露目した水戸の梅大使=水戸市柳町
水戸の梅大使の夏振り袖が17日、水戸市柳町の市竹隈市民センターでお披露目された。振り袖は、初夏の新緑をイメージした黄緑色の生地に梅など四季の花をちりばめたデザイン。新しい着物に袖を通した梅大使の5人が写真や動画の撮影に臨んだ。

梅大使たちは、今月から9月まで新しい振り袖を身にまとって市内のイベントやキャンペーンに参加する。この日は、着物の着方と立ち振る舞いの研修にも取り組んだ。梅大使は全員で6人おり、撮影には5人が参加した。

梅大使のメンバー、高槌七海さん(20)は「着物は軽く、黄緑色と花のコントラストがきれい。明るく観光をPRしていきたい」と話した。

水戸観光コンベンション協会によると、夏振り袖を市民に初めて披露するのは、6月11日から開催する「第48回水戸のあじさいまつり」のオープニングセレモニーとなる予定。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース