茨城県社会人アマゴルフ 鈴木(常陸太田)初V 師弟対決制す

第41回県社会人アマゴルフ選手権大会で初優勝を飾った鈴木清隆(常陸太田)=静ヒルズCC
第41回県社会人アマゴルフ選手権大会で初優勝を飾った鈴木清隆(常陸太田)=静ヒルズCC
プレーオフ2ホール目の11番、鈴木清隆(常陸太田)の3打目のバンカーショット=静ヒルズCC
プレーオフ2ホール目の11番、鈴木清隆(常陸太田)の3打目のバンカーショット=静ヒルズCC
プレーオフ2ホール目の11番、矢吹龍一(常陸太田)がティーショットを放つ=静ヒルズCC
プレーオフ2ホール目の11番、矢吹龍一(常陸太田)がティーショットを放つ=静ヒルズCC
アマチュアゴルフの第41回茨城県社会人選手権大会決勝(茨城新聞社主催)は24日、常陸大宮市の静ヒルズカントリークラブ(6824ヤード、パー72)で開かれ、プレーオフの末、37歳の鈴木清隆(常陸太田)が初優勝を飾った。

大会には149人が出場し、18ホールストロークプレーで競った。鈴木は1オーバー73で回り、矢吹龍一(同)と同スコアで並んだ。プレーオフは、2ホール目、矢吹がボギーとしたのに対し、鈴木はパーでまとめ、決着をつけた。

矢吹とは師弟関係という鈴木は「ゴルフを始めて15年。この大会の優勝を目標としてやってきた。師匠に何とか勝ててうれしい」と悲願達成を喜んだ。

茨城県社会人アマゴルフ選手権最終成績

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース