健康チャレンジデー 茨城・常陸太田市 勝利ならずも参加率向上

指導を受けながらラジオ体操で汗を流す参加者=常陸太田市新宿町
指導を受けながらラジオ体操で汗を流す参加者=常陸太田市新宿町
■市長「スポーツ楽しむ習慣を」

15分以上運動した住民の参加率を自治体間で競う「健康スポーツチャレンジデー2022」が25日、開催された。茨城県常陸太田市では市民らがラジオ体操やウオーキング、グラウンドゴルフなどに汗を流し、参加率は52.4%だった。今年は初めて三つの自治体による対戦が組まれ、愛知県碧南市は71.4%、秋田県大館市が61.9%で、常陸太田市は勝利することはできなかったが、昨年の参加率を1.5ポイント上回った。

同市新宿町の山吹運動公園市民体育館では、「ヘルシー・ライフ」ラジオ体操教室が開かれ、約30人が参加した。全国ラジオ体操連盟指導員の平井孝子さんが、ラジオ体操の正しい動きや効果などの実技指導を行った。体操の動き一つ一つを解説し、爪先や頭の位置、呼吸、力の入れ方など効果が上がるポイントを紹介した。

参加した堀口とも子さん(74)は「スクエアステップや太極拳などを行っていて、普段の運動が効果的に筋肉を使っていることを再確認できた。よい教室だった」と話し、額の汗を拭った。

同チャレンジデーは、日常的なスポーツの習慣化や住民の健康増進、地域活性化のきっかけづくりを目的とした住民総参加型のスポーツイベント。午前0時~午後9時までに15分以上継続して運動やスポーツを行った人の参加率を競う。

宮田達夫市長はスポーツ大会開会式に出席のため約6キロの道のりを自転車で往復し、「爽快な気分を味わった」と感想。対戦結果については「相手の2市ともに、取り組む意識の高さを感じた。市民に健康づくりやスポーツを気軽に楽しむ習慣を身に付けてもらえるように、そして来年は勝利できるように、今日から意識高揚に努めたい」と語った。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース