カシマスタジアム前事故、死亡2女性は試合運営スタッフ J1鹿島選手ら喪章着け試合へ

女性2人が死亡する事故が起きた国道51号の現場付近=鹿嶋市神向寺
女性2人が死亡する事故が起きた国道51号の現場付近=鹿嶋市神向寺
茨城県鹿嶋市神向寺の同県立カシマサッカースタジアム前の国道51号交差点で18日夜、横断歩道を歩いて渡ろうとした女性2人が車にはねられ死亡した事故で、J1鹿島は21日、2人が同スタジアムで18日に行われた試合の運営スタッフで、22日と来月6日の試合に、選手らが喪章を着けて臨むと発表した。

死亡したのは、同県鉾田市の43歳女性と63歳女性。鹿島と京都サンガの試合終了後の18日午後9時55分ごろ、信号機のある横断歩道を歩いて渡っていたところ、ワンボックスタイプの車にはねられ、病院に搬送されたが、頭や胸を強く打つなどしていていずれも死亡した。県警鹿嶋署は、車を運転していた同県神栖市、会社員、男(35)を現行犯逮捕し、自動車運転処罰法違反(過失致死)の疑いで身柄を送検している。

J1鹿島はホームページに「アントラーズファミリーの突然の悲報に接し、クラブ一同、謹んでお悔やみ申し上げます」とするコメントを出した。

22日にさいたま市で行われる天皇杯の大宮戦と、来月6日にカシマで行われるJリーグのC大阪戦で、選手とスタッフが喪章を着用する。


最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース