製材工場や倉庫など焼け、延焼 水戸

製材工場や倉庫などが燃えた火災で消火に当たる消防隊員ら=22日午後4時半ごろ、水戸市大足町
製材工場や倉庫などが燃えた火災で消火に当たる消防隊員ら=22日午後4時半ごろ、水戸市大足町
製材工場や倉庫などが燃えた火災で消火に当たる消防隊員ら=22日午後4時25分ごろ、水戸市大足町
製材工場や倉庫などが燃えた火災で消火に当たる消防隊員ら=22日午後4時25分ごろ、水戸市大足町
製材工場や倉庫などが燃えた火災で消火に当たる消防隊員ら=22日午後4時25分ごろ、水戸市大足町
製材工場や倉庫などが燃えた火災で消火に当たる消防隊員ら=22日午後4時25分ごろ、水戸市大足町
22日午後3時53分ごろ、水戸市大足町の貿易会社「オヨタコクサイ」水戸営業所にある木材製造加工工場から出火、平屋工場などが燃えた。同日夜も鎮火せず、消火活動が続いている。水戸署で出火原因を調べている。

同署によると、工場で作業をしていた従業員男性(83)が、コンセント付近のトタン板が赤くなっているのを見つけ、事務員の女性(45)を通じて119番通報した。

ホームページによると、同社は桜川市に本社があり、中古車や建設機械の輸出などを手がける。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース