茨城出身の大学生ら60人、吹奏楽団結成 クラウドファンディングで資金、8月演奏会

運営メンバーの圓谷夏音さんと大峡航太さん、長谷川瑞さん、山中沙紀さんの4人(左上から時計回り)
運営メンバーの圓谷夏音さんと大峡航太さん、長谷川瑞さん、山中沙紀さんの4人(左上から時計回り)
iBウィンドオーケストラのロゴマーク
iBウィンドオーケストラのロゴマーク
■「青春取り戻せ」合言葉
新型コロナウイルスの影響を受け、高校生として十分な活動ができないまま卒業した茨城県内出身の大学生らが、吹奏楽団「iBウィンドオーケストラ」を結成した。「青春を取り戻せ」を合言葉に1人の呼びかけから始まり、団員は現在約60人。クラウドファンディング(CF)で準備費用を募り、23日までに目標だった75万円を突破した。8月の初演奏会に向け、大きな弾みとなった。

団員は全員、2020年度の高校卒業生。水戸一高吹奏楽部出身で北海道大2年の圓谷(つむらや)夏音(なおと)さん(19)が同級生に声をかけ、賛同する学生の輪が広がった。現在までに、水戸を中心に8校の卒業生が所属している。

コロナ禍で高校時代を過ごした圓谷さんたちは、高3の夏に参加するはずだった吹奏楽コンクールが中止になるなど、心残りがあるまま卒業した。圓谷さんは「得られるはずだった経験を、ないままにせず、自分たちの手で取り戻したかった」と思いを語る。

圓谷さんと同じ水戸一高吹奏楽部の4人が運営メンバーとなり、1年以上前から準備を開始。大峡航太さんは県内、長谷川瑞さん、山中沙紀さんの2人は都内の大学に通う。離れた場所に住む4人が週に2回、オンライン会議で画面越しに心を通わせてきた。

演奏会は8月27日、ひたちなか市青葉町の市文化会館で開く。全員で音合わせできるのは夏休み以降、それまでは各自で練習に励むという。

指揮を務める圓谷さんは「自分たちの経験としてだけでなく、来場してくれた人たちに喜んでもらえる演奏会にしたい」と意気込みを話している。

CFは今月末まで、「モーションギャラリー」の専用ページで受け付けている。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース