新型コロナ 茨城県医師会・安田対策監 3次感染抑制意識を

今後の見通しなどについて話す県医師会の安田貢新型コロナウイルス感染症対策監=茨城町桜の郷
今後の見通しなどについて話す県医師会の安田貢新型コロナウイルス感染症対策監=茨城町桜の郷
茨城県で新型コロナウイルスのオミクロン株が確認されて半年。爆発的に感染が拡大した「第6波」の教訓や新たな派生型「BA・5」への対応などについて、県医師会の安田貢新型コロナウイルス感染症対策監に聞いた。

-1月からの「第6波」を振り返って。

オミクロン株は感染力が強く、県内では数字的に見ると20人に1人は陽性歴がある計算になる。ここまで感染が広がると「ゼロコロナ」は難しい。いかに3次、4次感染を抑え、クラスター(感染者集団)を防ぐかという方向に意識を持っていくべき。一方、これまでのデルタ株はかなりの確率で肺炎症状が出たが、オミクロン株は肺に病変が出ないケースが多い。症状も発熱、鼻水、喉の痛みなど一般的な風邪と変わらない症状が多い。また、死亡事例を見ても、従来は肺炎が要因として多かったが、持病が悪化して死亡するケースが多い。

-「BA・5」への警戒は。

変異は「BA・2」系統から置き換わりつつあり、今後「BA・5」が主流となっていくだろう。ただ、抗ウイルス薬はウイルスが変異しても効果は変わらない。経口や点滴による抗ウイルス薬が広まれば、「感染しても直せる」「重症化に至らない」ということになってくる。ますますコロナに対する不安は解消されてくるはず。

-今後の対策は。

2年前の発生当初は、新型コロナの姿が分からず、さまざまな情報が飛び交った。教訓を生かし、いかに正確な情報を発信するか、いかに誤った情報を遮断するかが大切になる。発信の仕方や受け手の知識の問題も含め、しっかり対策を進める必要がある。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース