茨城・阿見の冷蔵冷凍倉庫火災 5日かかりようやく鎮火

火災があったSBSフレックの倉庫=1日午後7時ごろ、阿見町星の里
火災があったSBSフレックの倉庫=1日午後7時ごろ、阿見町星の里
茨城県阿見町星の里の食品物流会社「SBSフレック」阿見営業所の冷蔵冷凍倉庫で発生した火災は、5日午後4時54分に鎮火が確認された。県警牛久署と稲敷広域消防本部で焼失面積や出火原因を調べている。同社によると、倉庫は鉄骨造りで面積約7260平方メートル。倉庫内に保管していた食料品などが燃えた。出荷業務は、代替拠点の提案などを含め取引先と協議している。

火災は6月30日午後7時前に発生。断熱材などが燃え続け、今月2日朝には、広範囲に炎が一気に燃え広がる「フラッシュオーバー」という現象も起きていた。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース