水戸のリサイクル店駐車場でも車10台被害 フロントガラス破損 市内で同様の事件相次ぐ

水戸署=水戸市三の丸
水戸署=水戸市三の丸
水戸署は21日、水戸市大塚町のリサイクル店「水戸鑑定団」の駐車場に止めてあった軽乗用車=市内在住の女性(43)所有=のフロントガラス1枚(時価5万円相当)が壊されたと発表した。同署は器物損壊事件とみて調べている。

同署によると、同日午前8時50分ごろから正午までの間に壊されたとみられる。同所ではほかに約10台が同様の被害に遭ったほか、同市内の書店やコンビニ店の駐車場でも類似事件が発生しているという。

茨城県笠間市手越の道の駅かさま駐車場でも同日午前10時半ごろ、駐車中の水戸市、会社員、男性(67)の乗用車のフロントガラス(時価約10万円)が割られているのが見つかった。県警笠間署によると、同駐車場ではほかに十数台が同様の被害に遭っており、さらに近くの商業施設や駐車場でも被害があった。県警が関連を調べている。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース