明秀日立 春夏甲子園 土浦日大にサヨナラ勝ち 高校野球茨城大会

第104回全国高校野球選手権茨城大会最終日は27日、ノーブルホーム水戸で決勝があり、明秀日立が土浦日大を4―2で破って初優勝を果たし、春夏連続の甲子園出場を決めた。県北校の夏出場は1985年の日立一以来となる。

明秀日立は2回に先制されたが、5回に同点に追いつくと、9回2死で3番佐藤の劇的なサヨナラ2点本塁打で試合を決めた。

全国選手権大会は8月6日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕。組み合わせ抽選会は3日に大阪市内で行われる。夏の甲子園で茨城代表は2016年に常総学院が準々決勝に進出して以来勝利から遠ざかっている。

明秀日立 春夏甲子園

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース