【速報】新型コロナ 軽症者の発熱外来受診・救急要請自粛して 茨城知事が呼び掛け

会見する大井川知事=茨城県庁
会見する大井川知事=茨城県庁
茨城県の大井川和彦知事は5日、定例会見し、新型コロナウイルスの感染急拡大に伴い発熱外来や救急医療がひっ迫していることを受けて、「真に必要な方に医療を届けるため、不要不急な救急要請は厳に控えていただきたい」と、不安解消の受診や軽症者の救急要請を自粛するよう県民に呼び掛けた。

知事は発熱外来の受診対象者を①65歳以上②基礎疾患がある③妊娠している④症状が4日程度続く人-とし、該当しない場合は症状が出てもまずは自宅静養をするよう求めた。無症状者に対しては、薬局での無料検査を推奨した。

政府が新たに導入し都道府県が独自に出すことができる「BA.5対策強化宣言」については、重症化率が低く病床にまだ余裕があることなどを理由に、「必要性はまだ感じていない」という考えを示し、人の移動が増えるお盆休みなどでのさまざまな行動制限についても求めないとした。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース