新型コロナ 茨城県内最多4833人感染、6人死亡

茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県と水戸市は5日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに4833人確認されたと発表した。3日連続で過去最多を更新した。累計感染者数は22万8217人。入院中だった80~90代男女4人と福祉施設で療養していた80代男性の死亡が確認されたほか、救急搬送され死亡が確認された60代男性の感染が判明し、死者の累計は495人となった。

直近7日間を平均した1日当たりの感染者数は3852・0人で前週比141・5%。陽性者は全44市町村で確認され、つくば市が540人で最も多く、水戸市419人、ひたちなか市268人、日立市264人、筑西市200人と続いた。年代別では40代が826人と最多で、60歳以上は819人で全体の16・9%だった。

自宅療養者は2万2314人で前日比1066人増。入院者数も475人と同13人増え、病床稼働率は59・3%となった。

■茨城県内の感染状況
新規感染者 4833人(累計22万8217人)
死者累計 495人
入院患者 475人(重症9人)
退院・退所等累計 20万1676人
(県発表、5日午後10時現在)

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース