水戸の高校生ボランティア 児童の宿題「お手伝い」 課題見つけ一緒に解答

小学生の夏休みの宿題を一緒に考える高校生=水戸市元吉田町
小学生の夏休みの宿題を一緒に考える高校生=水戸市元吉田町
高校生のボランティアグループ「水戸市サブリーダーズ会」(会員105人)は、小学生の夏休みの宿題を手伝う勉強会「サブの宿題おたすけ隊」に取り組んでいる。市内の小学1~6年生が対象で、今年初めて実施。会長で茨城高2年の萩野谷万葉(かずは)さん(17)は「勉強する楽しさを子どもたちに知ってもらいたい」と呼びかけている。

「おたすけ隊」は自分たちの経験から、年齢の近いお兄さん、お姉さんの「先生」に宿題を見てもらえれば楽しく勉強ができると考え計画した。昨年に開催予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期。7月末から計7日間の日程で開いている。

9日には、東部図書館(元吉田町)で、小学生7人が高校生たち7人からアドバイスを受けながら、3桁の引き算や割り算、円の面積の求め方、漢字など、さまざまな科目の宿題に取りかかった。そろいの黒いTシャツを着た先生たちは、問題につまずいている児童を見つけると、「どんな問題を解いてるの」や「こんな感じかな」と話しかけながら、一緒に解いた。

市立吉田小3年の毛塚心乃華さん(8)は「分かりやすく説明してもらえた。夏休みの宿題は順調」と笑顔で話した。

「おたすけ隊」は23日に西部図書館(堀町)、24日に市総合教育研究所(笠原町)で、いずれも午前10時~正午、午後1時半~3時半に開催を予定。市サブリーダーズ会事務局(電)029(306)8692で予約を受け付けている。

萩野谷さんは「子どもたちが高校生になった時に勉強会を思い出してもらって、サブリーダーズ会に入会してもらえたらうれしい」と話している。

同会は同市在住か市内の高校に通う生徒たちで成り、ニセ電話詐欺防止を呼びかけるマスクを作るなど、高齢者に寄り添う活動に取り組んでいる。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース