東大生が相撲稽古見学 茨城・阿見の二所ノ関部屋 土俵で迫力の姿披露

土俵を2面使った稽古を見学する学生=阿見町荒川本郷
土俵を2面使った稽古を見学する学生=阿見町荒川本郷
大相撲の二所ノ関親方(元横綱稀勢の里)率いる、茨城県阿見町荒川本郷の二所ノ関部屋で12日、東京大生6人が稽古を見学した。親方も土俵に入り、弟子を相手に胸を貸し、迫力ある稽古を見せた。学生らが大相撲の世界に身をもって触れることで、新たな視座を獲得するきっかけにしてもらおうと、同大と吉本興業が企画。同部屋の協力で実現した。

この日は、学生6人が午前9時半から約2時間半の稽古を土俵そばの桟敷から見学。親方と弟子の力士は2面の土俵を使い、四股などの基礎運動をはじめ、ぶつかり稽古などを繰り返して汗を流した。

終了後、東京大農学部3年、武市尚輝さんは「すごく迫力を感じた。同世代の力士の取り組む姿を見て刺激を受けた」と感想を述べた。親方は稽古について「基礎運動を長めにとってけがをしない体づくりをしっかりする。将来を見据えて土台づくりに力を入れている」と述べた。また、学生たちの見学については「こういう世界があると気付くきっかけになれば」と話した。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース