茨城・日立一高の松崎さん 困窮者支援、つなぎ役に ボランティア団体設立

ボランティア団体「Your neighbour」を立ち上げた松崎花香さん=日立市内
ボランティア団体「Your neighbour」を立ち上げた松崎花香さん=日立市内
生活が困窮する世帯などを支援しようと、茨城県立日立一高3年、松崎花香さん(18)が、ボランティア団体「Your neighbour」を立ち上げた。高校生が中心になり、県内で子ども食堂や無料塾を設置する団体の活動を手伝う。ボランティア活動に興味のある高校生や大学生などと、困窮世帯の支援に取り組む団体をつなぎたい考えで、インスタグラムやホームページ(HP)でメンバーを募集している。

同団体は6月に設立。高校生など計9人で構成する。現在は日立市内を中心に、月に5回ほどボランティア活動に参加する。

松崎さんは受験生。今年3月、将来について考えた時に「社会問題について取り組みたい」と考え、貧困問題に関心を持った。市役所の福祉関係の部署や支援団体など10カ所以上に連絡し、取り組みの状況など話を聞いた。子ども食堂や無料塾などの設営などを手伝うようになり、大学生や若い女性の貧困を知った。「自分にとって遠いものではなく身近なものなんだ」と感じた。

支援活動を手伝う中で実感したのは団体側の「人手不足」だ。一方、高校生側も、活動に興味はあるものの、関係団体との連絡の取り方や参加の仕方が分からない人が多いという印象を持った。松崎さんは「少しでもできることをしたい。自分が間に入って仲介しよう」と思い立ち、団体を立ち上げた。

現在の活動は市内が中心だが、興味のあるメンバーや団体が集まれば、県内全域に広げたい考え。松崎さんは「受験生なので活動に限界もあるが、できることから始めたい」と語った。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース