茨城・鹿嶋市長「本拠地、鹿嶋に」 J1鹿島 新スタジアム構想で

鹿嶋市役所=同市平井
鹿嶋市役所=同市平井
サッカーJ1の鹿島アントラーズの新スタジアム構想を巡り、茨城県鹿嶋市の田口伸一市長は29日の定例記者会見で、「鹿嶋で生まれ育ってきたアントラーズなので、市内に本拠地を置くのは誰もが望んでいる」などと述べ、改めて市内での建設を求める意向を示した。

新スタジアム誘致は潮来市も表明しているが、田口市長は「鹿嶋市は誘致に向け、粛々と対応していきたい」と述べるにとどめた。

現在の県立カシマサッカースタジアム(同市神向寺)は老朽化が進み、維持管理費も増大。このため、鹿島は昨年、新たなスタジアムを建設する構想を発表していた。

■決定「透明性を」 鉾田市長
サッカーJ1の鹿島アントラーズの新スタジアム構想を巡り、ホームタウンの一つ茨城県鉾田市の岸田一夫市長は29日、定例記者会見で、鹿嶋と潮来の両市が誘致を表明していることに対し「密室で決めず、透明性がある決め方をしてほしい」と要望したことを明かした。岸田市長によると、鉾田市も当初、誘致を検討し、断念したという。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース