給食にネジ混入 茨城・行方の小学校

行方市役所麻生庁舎=同市麻生
行方市役所麻生庁舎=同市麻生
茨城県行方市教委は22日、同市内宿の市立北浦小で提供した給食のスープに、金属ネジが混入していたと発表した。調理した同市北浦給食センターは、市内5カ所の幼稚園と小中学校に約870食分の給食を配送している。現在、体調不良を訴える児童生徒はいないという。市教委によると、21日午後0時15分ごろ、5年生の女児が配膳されたワンタンスープを食べる際、長さ約18㍉の金属製ネジを発見。市教委は潮来保健所に連絡した。センターの調査で下処理室洗い場の蛇口ジョイント部からネジ1本が欠落していることが分かり、見つかったネジとサイズが一致した。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース