大相撲秋場所 高安、初優勝逃す 玉鷲との直接対決に敗れる 「持てる力を精いっぱい出した」

高安
高安
大相撲秋場所千秋楽は25日、東京・両国国技館で行われ、元大関で平幕の高安(32)=茨城県土浦市出身=は11勝3敗で星一つの差で追っていた平幕玉鷲との直接対決に敗れ、初優勝はならなかった。

勝てば優勝決定戦に進む大一番。高安は玉鷲の右の突きに攻め立てられ、押し出された。取組後、高安は「持てる力を精いっぱい出した。玉鷲関が強かった」と潔く語った。

今場所は9日目に横綱照ノ富士から金星を挙げ、千秋楽まで優勝争いに絡んだ。6度目の敢闘賞獲得も、初土俵から104場所目で目指した初賜杯は、またしてもあと一歩届かなかった。「(優勝への)距離は縮まっていると感じる。今の気持ちを忘れず、何度でも挑戦したい」と誓った。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース