光が織りなす神秘 袋田の滝ライトアップ 茨城・大子

ライトアップで水墨画のように浮かび上がる袋田の滝=大子町袋田
ライトアップで水墨画のように浮かび上がる袋田の滝=大子町袋田
さまざまなオブジェの光が揺らめく袋田の滝トンネル
さまざまなオブジェの光が揺らめく袋田の滝トンネル
国指定名勝で日本三名瀑(めいばく)の一つ、茨城県大子町袋田の袋田の滝のライトアップ「2022大子来人~ダイゴライト~」(同町、町観光協会主催)が始まり、水墨画のような幻想的な風景が広がっている。毎日午後8時まで、夜の輝きを演出している。11月27日まで。

ライトアップは、4段の岩肌を縫うように高さ120メートルを流れる勇壮な滝、そこから続く滝川の「さざれ石」が映し出され、自然と光が織りなす神秘的な空間が楽しめる。

店が軒を連ねる散策道は光の波が続き、つり橋近くの道には竹灯籠の明かりが静かに揺らめいている。滝や観瀑台へと続くトンネルは午前8時から午後8時まで、「月灯(あか)りの紅葉路」をテーマに、円球や傘、モミジ葉模様の立体オブジェが、音楽とともに光と影で彩っている。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース