栃木国体 Sクライミング成年女子リード 森・菊池組優勝 茨城

〈スポーツクライミング成年女子〉リードで優勝した森秋彩(右)・菊池野音組=壬生町総合運動場特設会場
〈スポーツクライミング成年女子〉リードで優勝した森秋彩(右)・菊池野音組=壬生町総合運動場特設会場
(左)〈スポーツクライミング成年女子リード決勝〉優勝に貢献した森秋彩(筑波大)と(右)〈スポーツクライミング成年女子ボルダリング決勝〉小さい足場で粘りを見せる菊池野音(東洋大)=壬生町総合運動場特設会場
(左)〈スポーツクライミング成年女子リード決勝〉優勝に貢献した森秋彩(筑波大)と(右)〈スポーツクライミング成年女子ボルダリング決勝〉小さい足場で粘りを見せる菊池野音(東洋大)=壬生町総合運動場特設会場
〈バスケットボール少年男子準々決勝〉静岡-茨城選抜 最終クオーター、103点目のシュートを決める佐久本丞=日環アリーナ栃木
〈バスケットボール少年男子準々決勝〉静岡-茨城選抜 最終クオーター、103点目のシュートを決める佐久本丞=日環アリーナ栃木
〈ボート少年男子シングルスカル決勝〉3位に入った須賀優輝(奥)=谷中湖特設コース
〈ボート少年男子シングルスカル決勝〉3位に入った須賀優輝(奥)=谷中湖特設コース
第77回国民体育大会「いちご一会とちぎ国体」第4日は4日、宇都宮市などで14競技が行われ、2人一組で競うスポーツクライミング成年女子リードで、森秋彩(あい)(筑波大1年)と菊池野音(のね)(東洋大1年)の茨城が4年ぶり4度目の優勝を飾った。

到達高度を競うリードのワールドカップで2戦連続優勝の森が、難関コースも苦にしない圧倒的な力を見せ個人トップ。菊池も粘りの登りを見せた。試合後、菊池は「秋彩に助けられた」、森は「2人で優勝できてうれしい」と話した。

同成年男子の今泉結太・大金瑞生(茨城県山岳連盟)組はボルダリングで6位、リードは7位だった。

バスケットボール少年男子は静岡に103-87で快勝し、4強入りを決めた。ボート少年男子シングルスカルの須賀優輝(潮来高)は3位。サッカー成年男子は準決勝でPK戦の末に岐阜に敗れ、3位決定戦に臨むことになった。

レスリンググレコローマンスタイル少年男子60キロ級の大谷哉斗(霞ケ浦高)は準決勝に進んだ。卓球成年男子は1次リーグを全勝で通過したが、準々決勝で敗退した。剣道成年男子は初戦となった2回戦で三重を3-1で退け、3回戦に駒を進めた。


最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース