栃木国体 茨城県勢V ゴルフ少年男子と馬術少年障害飛越

〈ゴルフ少年男子団体〉優勝に貢献した細谷幹(日本ウェルネス高)=西那須野CC
〈ゴルフ少年男子団体〉優勝に貢献した細谷幹(日本ウェルネス高)=西那須野CC
〈ゴルフ少年男子団体〉優勝に貢献した隅内雅人(水戸啓明高)=西那須野CC
〈ゴルフ少年男子団体〉優勝に貢献した隅内雅人(水戸啓明高)=西那須野CC
〈ゴルフ少年男子団体〉優勝に貢献した亥飼陽(日本ウェルネス高)=西那須野CC
〈ゴルフ少年男子団体〉優勝に貢献した亥飼陽(日本ウェルネス高)=西那須野CC
〈馬術少年標準障害飛越〉優勝した中島妃香留(水戸葵陵高)=那須塩原市地方競馬教養センター
〈馬術少年標準障害飛越〉優勝した中島妃香留(水戸葵陵高)=那須塩原市地方競馬教養センター
第77回国民体育大会「いちご一会とちぎ国体」第7日は7日、各地で行われ、茨城県勢は、ゴルフ少年男子が2位に4打差をつけ優勝を果たし、第1日トップだった同女子は惜しくも2位だったが、茨城県が競技別天皇杯を獲得した。

ゴルフ少年男子の最終日はスコアは伸びなかったが、トップだった第1日のリードを生かし、地元栃木の追い上げをかわした。細谷主将(日本ウェルネス高3年)は「優勝する自信があった。みんなで優勝できて本当にうれしい」と喜んだ。

中島は減点0で7人が並んだ後のジャンプオフ(優勝決定戦)を制し、「優勝を狙っていた。結果を残せてうれしい」と明るい声で話した。

馬術少年標準障害飛越の中島妃香留(ひかる)(水戸葵陵高)はジャンプオフの末、優勝を飾った。同少年団体障害飛越は準々決勝で大分に敗れた。

ボウリング少年男子は渡辺楓(下妻二高)が個人で2位、宮本拓実(取手一高)と組んだ団体でも3位となった。同少年女子の井崎寛菜(日立二高)も個人3位、椿心碧(霞ケ浦高)と挑んだ団体で4位に入った。

ハンドボール成年男子は大阪を破って4強入り。同成年女子の筑波大は岩手を下し8強を決めた。バレーボール成年男子の筑波大は鹿児島県選抜をストレートで破り8強入りした。

ライフル射撃成年女子10メートルエアピストルは相田愛望(県警)が4位、同成年男子50メートルライフル3姿勢は浅井優汰(県協会)が7位だった。陸上少年男子共通800メートルの野口遥斗(鹿島学園高)は1分53秒60で6位。重量挙げ成年男子109キロ級の菊地力哉(早大)はジャークで8位に入った。軟式野球成年男子の原子力科学研究所は初戦を突破した。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース