都道府県魅力度ランク46位 茨城知事「コメントする価値ない」

会見する大井川和彦知事=県庁
会見する大井川和彦知事=県庁
茨城県の大井川和彦知事は25日、定例会見し、民間調査会社のブランド総合研究所(東京)の「地域ブランド調査2022」で茨城県が昨年の最下位から順位を一つ上げて46位となったことについて、「正直、(順位に対して)コメントする価値はもうない。完全にエンターテイメント化しており、調査としての信ぴょう性、価値についても疑問」とした。

大井川知事は、日本総合研究所の「幸福度ランキング2022年版」では茨城県が14位となったことにも触れ、第2次県総合計画で導入した「いばらき幸福度指標」などのデータに基づきながら、アウトドアほか茨城独自の魅力を発信していくと強調した。

ブランド総研の調査は2009年に始まり、茨城は42位(20年)と46位(12年)を除き、昨年までの13回中11回が最下位だった。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース