茨城・笠間工芸の丘 陶製ひな、15段飾り

「桃宴」のプレイベントとして笠間工芸の丘で展示されている陶製ひな人形=笠間市笠間
「桃宴」のプレイベントとして笠間工芸の丘で展示されている陶製ひな人形=笠間市笠間
茨城県笠間市笠間地区の窯元やギャラリーが陶製のひな人形を並べる「第23回笠間のひなまつり 桃宴(とうえん)」が25日に開幕するのを前に、会場の一つ、笠間工芸の丘(同市笠間)で18日、陶製ひなの15段飾りが始まった。笠間焼作家が干支(えと)や小動物を題材に手がけた約130体が、会場内を華やかに彩っている。

桃宴は、市内の工房などで構成する実行委員会が主催。3月3日までの期間中、笠間地区やその周辺の計20店で、節句を題材にした作品を並べ、関連行事を開く。会期中は一部工房で陶びな制作体験があるほか、音楽ライブも予定している。

恒例の陶びな15段飾りは笠間工芸の丘で2月26日まで展示する。工芸の丘では「春の訪れを告げる桃宴のプレイベント。好評を受け今年は会期を延長する。個性あふれる人形の華やかな雰囲気を味わって」と呼びかけている。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース