乗用車にはねられ83歳男性死亡 茨城・龍ケ崎

救急車(資料写真)
救急車(資料写真)
19日午前6時18分ごろ、茨城県龍ケ崎市板橋町の市道で、路上にいた同県稲敷市、無職、男性(83)が乗用車にはねられ、外傷性脳損傷で死亡した。県警竜ケ崎署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、車を運転していた千葉県富里市、会社員、男(54)を現行犯逮捕。容疑を同法違反(過失致死)に切り替え、事故原因を調べている。同署によると、男は出勤途中で、「人がいたことに気付かなかった」と説明し、容疑を認めている。現場は片側1車線で見通しの良い直線道路。横断歩道はなかった。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース