次の記事:路上の80歳はねられ死亡 容疑で小学校教員逮捕

鹿島、勝ち点3を ルヴァン杯、26日敵地で新潟戦 1次リーグ突破へ「重要」

新潟戦に向けた練習でボールを追いかけるJ1鹿島の沖(手前)=クラブハウスグラウンド
新潟戦に向けた練習でボールを追いかけるJ1鹿島の沖(手前)=クラブハウスグラウンド
予想スターティングメンバー
予想スターティングメンバー


JリーグのYBCルヴァン・カップ1次リーグ第2節最終日は26日、各地で9試合が行われ、D組2位の鹿島は、新潟市のデンカビッグスワンスタジアムで最下位新潟と対戦する。キックオフは午後2時。岩政監督は「どの大会でも2試合目は重要」と位置付けており、1次リーグ突破のために勝ち点3を確保したい。

前節・柏戦はリーグ戦で出場機会が少ない選手が出場し、引き分けだった。今節は公式戦中7日で迎え、日程的には余裕があり、先発の顔触れがどうなるか注目だ。中でもGK争いはハイレベル。柏戦は沖が先発し、しっかりシュートストップを披露した。リーグ戦は控えに回っているが、「自信をなくす必要はない。自分が理想とするGK像に向けて、取り組み続ける必要がある」と強調する。

新潟はボールを後方からつなぐスタイルを定着させており、鹿島を間延びさせることを狙ってくる。鹿島は新潟にボールを持たせるのか、奪いに行くかをはっきりさせることが重要だ。相手のリズムで試合を組み立てられると、後手に回る時間が長くなるだろう。

J2町田時代、新潟との対戦経験がある佐野は「プレスをはがされたら、しっかり構えることも大事。自分たちが主導し、ボールを奪いたい」と意気込む。沖は「リーグ戦でも勝ち切れない状況がある。ここで現状を払拭し、勝ち切れるようにしたい」と公式戦4試合ぶりの白星に向け気合を入れる。

最近の記事

茨城の求人情報

全国・世界のニュース