次の記事:洗濯機に水入れふた 3歳女児を回す 殺人未遂容疑で男送検 複数の打撲痕

筑波大が教員を懲戒解雇 研究結果を不正使用

筑波大学(資料写真)
筑波大学(資料写真)


教員が大学の業務と関係ないところで共同研究の結果を不正に使用していたとして、筑波大(茨城県つくば市)は24日、この教員を懲戒解雇にしたと発表した。同大は教員について「所属や年齢、肩書、性別、研究内容や不正の具体的な内容は答えられない」としている。

同大によると、教員が共同研究の成果を不正使用したのは2021年度。学内の共同研究取扱規定と、共同研究契約書の規定に違反したという。

同大の永田恭介学長は「研究を主導する大学教員が、このような事態を起こしたことは極めて遺憾。共同研究の相手企業ならびに関係者の皆さまの信頼を損なうこととなり、深くお詫び申し上げます」とコメントした。



最近の記事

茨城の求人情報

全国・世界のニュース