次の記事:常磐道で速度違反、身代わり出頭させる レーサーら逮捕

茨城・結城の江川北小が大臣表彰 児童の読書教育に力 1人年間50冊、9割超達成

図書室カウンターで本を借りる児童ら=結城市田間
図書室カウンターで本を借りる児童ら=結城市田間
読書教育を担当した江川北小教諭の田中千恵さん=結城市田間
読書教育を担当した江川北小教諭の田中千恵さん=結城市田間


児童の読書教育に力を入れたとして、茨城県結城市田間の市立江川北小(栗山良一校長)が本年度の文部科学大臣表彰を受賞した。同校教諭で図書主任を務めた田中千恵さん(55)は全校児童が年間50冊を読むことを目標に、率先して読書量を増やす工夫をしてきた。児童約150人の9割以上が目標を達成するなど成果を挙げている。

田中さんは2020年度から3年間、図書主任を務め、読書推進に取り組んできた。学校司書と連携し、児童が図書室に行きたくなるよう、季節に合ったイベントを企画。今春はパンダに関する本を読んでスタンプを集める「春のパンダまつり」を実施した。スタンプがたまると、学校司書や図書委員が手作りした景品をプレゼントし、児童たちを楽しませた。

図書室に慣れ親しんでもらおうと、1、2年生は週に1時間、図書室で本に親しむ時間がある。授業が始まると、貸し出しカウンターには児童の行列ができる。同校の貸し出し上限は4冊。児童のほとんどが上限に近い数を借りていく。2年の福田凜音さん(7)は「いつも4冊借りる。魔法が使えるお話を読むのが好き」と話した。同じく2年の山中葉南子さん(7)は「1年生の時は500冊読んだ。2年生でも頑張りたい」と張り切っている。

ほかにも年間50冊、100冊読んだ児童への表彰や、クラス担任による読み聞かせの推進、空いた時間を活用した読書の呼びかけなど、児童の意欲を引き出すよう取り組んだ。田中さんは「1、2年生は週に1度の図書室学習を楽しみにしてくれている。これをきっかけに読書の面白さを知ってくれたらうれしい」と話した。

最近の記事

茨城の求人情報

「翻訳・機械翻訳サービス」法人営業・フィールドセールス 【株式会社川村インターナショナル】
 エリア:茨城県
雇用形態:
  給与:年収400万円~800万円

【仕事内容】<職種>営業>法人営業 <業種>サービス>その他 会員属性などに応じ、当該求人をビズリーチ上で閲覧された際に内容が異なる場合があります 翻訳サービスの提案営業をお任せします。顧客は、IT、医療・医薬、製造業など、さまざまな業界の大手企業を中心に、グローバル展開をしているクライアントになります。 Web経由のお問い合わせやインサイドセールスが開拓したリードを担当いただき、成約に結...

スポンサー:求人ボックス

「千葉・茨城/セールス」外資×シェアトップクラスの「洗浄・消毒」および「滅菌」リーディングカンパニー 【ASP Japan合同会社】
 エリア:茨城県
雇用形態:
  給与:年収500万円~800万円

【仕事内容】<職種>営業>法人営業 <業種>メディカル>医薬品メーカー 会員属性などに応じ、当該求人をビズリーチ上で閲覧された際に内容が異なる場合があります 私たちは、「洗浄・消毒」および「滅菌」分野のリーディングカンパニーとして、日本国内で事業を展開してまいりました。 米国ワシントン州に本社を持つ工業分野、電子計測器のトップクラスブランドで構成される世界55か国・従業員25,000人グロー...

スポンサー:求人ボックス

全国・世界のニュース