次の記事:路上の80歳はねられ死亡 容疑で小学校教員逮捕

春菊、収穫ピーク 茨城の行方・潮来 生産者「鍋やサラダで食べて」

春菊の収穫最盛期を迎え、丁寧に摘む生産者=潮来市島須
春菊の収穫最盛期を迎え、丁寧に摘む生産者=潮来市島須


鍋料理などに欠かせない冬の味覚、春菊の収穫作業が全国有数の産地、茨城県行方市や同県潮来市で最盛期を迎えている。

潮来市島須の藤崎市郎さん(76)のビニールハウスでは、青々と伸びたみずみずしい春菊を一つ一つ丁寧に手で摘み取った。この時季は1日約60キロを収穫するという。

両市は県の銘柄産地指定を受けるなど春菊生産が盛ん。猛暑の影響で例年に比べて収穫がやや遅れたが、藤崎さんは「苦みが少なく葉や茎が柔らかくできた。鍋やサラダで食べてほしい」と話した。

最近の記事

茨城の求人情報

全国・世界のニュース