次の記事:ラーメン店経営のメイホウ商事 破産手続き開始決定 負債1億1600万円

茨城交通 路線バス運賃11%値上げ 2024年3月 人件費、燃料高騰で

茨城交通の路線バス(資料写真)
茨城交通の路線バス(資料写真)


茨城交通(水戸市、任田正史社長)は30日、路線バスの運賃値上げ改定を国土交通大臣に申請したと発表した。値上げ率は約11%で、初乗り運賃(現金)は水戸エリアが現行の170円から190円に、日立エリアが現行の190円から200円に上がる。実施は2024年3月1日から。一部自治体との協議路線などを除き全路線で適用される。

深刻化するバスの運転士不足に対応するための人件費増加のほか、燃料費高騰などに対応するのが主な理由。運賃改定で通勤・通学の定期券料金は、水戸エリアで1カ月の定期が720~840円上がり、日立エリアで360~420円上がる。同社では今後、利便性向上のため運賃決済サービスや電気自動車(EV)バス導入などの設備投資も予定している。

認可には3カ月かかる見通しで、認可され次第、周知期間を設けて値上げを実施する。同社は、消費税率引き上げに伴う運賃改定を除き水戸エリアでは1997年6月から、日立エリアでは2010年1月から一般路線バスの運賃を変えずに運行していた。

同社の路線バス事業は、車社会進展や山間部の過疎化などから慢性的な赤字運営が続く。ダイヤ改正や路線再編に取り組んだが、「継続が困難で、運賃改定による経営改善が不可避」と判断したという。同社は運賃改定により、来年度の赤字を約2億3900万円圧縮できると見積もっている。



最近の記事

茨城の求人情報

全国・世界のニュース