次の記事:ショベルカー、ため池転落 死亡

水戸の組員射殺 容疑で対立組織幹部の男逮捕 茨城県警

茨城県警察本部=水戸市笠原町
茨城県警察本部=水戸市笠原町


茨城県水戸市内の暴力団事務所で2022年1月、特定抗争指定暴力団山口組系の組幹部が射殺された事件で、同県警は1日までに、殺人などの容疑で、指定暴力団絆会幹部、被告の男(55)=別の殺人未遂罪などで起訴=を逮捕した。

捜査関係者によると、男は22年1月17日午後1時45分ごろ、水戸市元吉田町の山口組系組事務所で、同市千波町、組幹部=当時(40)=の頭などに拳銃を発砲して殺害したなどの疑いが持たれている。県警は防犯カメラ映像などで車両の走行ルートなどを確認し、男の関与を裏付けた。逮捕したのは4月30日。

男は、長野県宮田村の飲食店駐車場で20年に起きた発砲事件に関与したとして殺人未遂容疑で指名手配され、長野県警などが今年2月、宮城県仙台市内で逮捕していた。4月25日に身柄を長野県から茨城県警水戸署へ移送していた。

射殺事件発生の約1カ月前には、殺害された組幹部が所属する山口組系組員が絆会系組員らに暴行したとして逮捕されていた。

茨城県警は両組織の間でトラブルがあったとみて調べている。



最近の記事

茨城の求人情報

全国・世界のニュース