【エンタメ総合】
神尾楓珠、『オオカミ』シリーズ卒業生・綱啓永に不満「全然連絡を返してくれない」 横澤夏子は親心芽生える

ABEMAオリジナル恋愛番組『虹とオオカミには騙されない』合同取材に参加した横澤夏子、飯豊まりえ、滝沢カレン、神尾楓珠 (C)ORICON NewS inc.
 お笑い芸人の横澤夏子、女優の飯豊まりえ、モデルの滝沢カレン、俳優の神尾楓珠が、8月1日よりスタートするABEMAオリジナル恋愛番組『虹とオオカミには騙されない』(後10:00)合同取材に登壇した。開局以来不動の恋愛番組として人気を集めシリーズはついに今回で10作目。スタジオから、恋愛模様を見守ってきたMC陣だが、横澤は「私が育てたみたいな…我が子のようにうれしい」と卒業生の飛躍に歓喜する一方、神尾はある出演者にクレームを入れた。



【動画】傘をさした2人は誰?『オオカミ』最新作ティザー映像が公開



 デートや共同作業を通して“真実の恋”をかなえようと奮闘する男女を追いかける同番組。ただし、男女どちらか一方の中には、好きなフリをする「嘘つき“オオカミ”」が1人以上潜んでいる。好きになった相手は“オオカミ”なのか? それでも相手を信じ、真実の恋を実らせることができるのか? 予測不可能な恋の駆け引きと、男女の等身大でリアルな姿が最大の見どころとなっている。



 第1話収録を終え、新シーズンメンバーの印象について横澤は「美男美女ですけど、みんなキャラが濃くて、異名がつく人がいっぱいなので、その化学反応みたいな。『このペアならこういう空気なんだ』という楽しさがありました」とすっかり夢中に。飯豊は「前回に比べると全く違う色。今回のメンバーはいい意味で友達にいそうな感じ。学校のどこかにいそう。台本が本当にないと思ってもらえるようなリアリティーがある印象でした」と親近感があったそう。



 そして滝沢は「令和を代表するメンバーが集まりました。また、時代が変わるのかな、と思わせる新しいエネルギーもありますし。小学生の気持ちのまま大人になったみなさんがそこにはいて、変に遊んできてないような…本当に純粋。見た目は輝かしいのに行動はピュア」と独特の表現でその魅力を熱弁。神尾も「全体的に若いし、新しいタイプの人が多くて、ワードセンスもそうですけど。駆け引きの仕方も、こういう仕方もするんだ、みたいな発見もありました」と目からうろこの様子。



 10代を中心に絶大な人気を集める同番組だが、飯豊は「最近『オオカミ観てます』みたいな。10代の子たちには『オオカミで知りました』と言われることが多いので影響力がすごい」と改めて実感。横澤は「Kaitoくんや(黒木)ひかりちゃんとか、(鈴木)美羽ちゃんが『王様のブランチ』で一緒になると、私が育てたみたいな…我が子のようにうれしい。莉子ちゃんもこないだ、お仕事一緒になって。めるる(生見愛瑠)とかも」と目を細める。飯豊も「めるるはウチの事務所なんです。事務所の人たちも『オオカミ』に大感謝!」と興奮する。



 横澤は「『オオカミ』のことを忘れずに頑張ってね、みたいな。普通にドラマ観ていたら、(高橋)文哉くんが出ていて。あんなになんにもできなかった子が!みたいな…」と親心をみせると、飯豊から「(横澤)夏子さんが産んだみたい」とツッコミ。ただし神尾は「友達が結構でていることが多くて、前回はつな(綱啓永)。つながどんどん冷たくなるんですよ…。フォロワ―が増えていくにつれて…。俺が結構助けたんだけどな? 全然連絡を返してくれない」と不満げにぶっちゃけて、笑いを誘った。



 ちなみに現在、第2子妊娠中で秋に出産を予定している横澤は「元気な子を産めるように。オオカミちゃんを産めるように。このオオカミ“ちゃん”(女児)を生む予定なんですけど…未来のオオカミちゃんを産めるように頑張ります」とリアル我が子との対面に意気込んでいた。

関連記事


最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース