【エンタメ総合】
漫画家の和田洋人さん死去 46歳 『ヤンキー水戸黄門』連載中

和田洋人さん著『ヤンキー水戸黄門』
 漫画家の和田洋人さんが7月18日に脳出血などにより死去したと、講談社が26日、公式サイトで発表した。46歳。告別式などは親族のみで執り行われた。



【写真】今月21日には単行本も発売していた和田洋人さん 最後のツイートは17日



 同社公式サイトに『イブニング』編集部のコメントを掲載。「『イブニング』で『ヤンキー水戸黄門』を連載中の漫画家・和田洋人先生が、7月18日に脳出血等のご病気で急逝されました(享年46)」と伝えた。「編集部一同、驚きと悲しみにくれております。前掲作品の単行本第1巻発売直前でのご逝去で、これからのご活躍が期待されておりましただけに無念の極みです」と悼んだ。



 「心よりの哀悼の意を捧げるとともに、謹んでご冥福をお祈りいたします。なお、告別式等はご遺族で執り行われましたこともご報告申し上げます。これまでご愛読、応援いただいた読者・関係者の皆さまに深く感謝申し上げます」としている。



 和田さんはイブニング(講談社)にて『ヤンキー水戸黄門』を連載。また、これまで『ファラ夫』『殿さまとスティッチ』などの作品を手掛けた。

関連記事


最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース