【映画】
映画『ミュジコフィリア』公開日決定 新たな場面写真9点解禁

「現代音楽研究会」のメンバー=映画『ミュジコフィリア』11月12日より京都先行公開、11月19日より全国公開(C)2021 musicophilia film partners (C)さそうあきら/双葉社
 漫画家・さそうあきら原作の音楽をテーマとした映画3部作、『神童』『マエストロ!』に続く最終作『ミュジコフィリア』が、11月12日より京都先行公開、翌週11月19日より全国公開される。公開日決定とあわせて、新たな場面写真も一挙解禁となった。



【写真】解禁された場面写真があと8点



 自然のなかの「音」を理解し、モノの形や色が「音」として聴こえる特殊な才能を持つ主人公・漆原朔役で井之脇海が長編映画初主演。朔に想いを寄せる京都の芸術大学のピアノ科生・浪花凪役で松本穂香、朔の異母兄で天才作曲家としての将来を期待される貴志野大成役で山崎育三郎が共演する。



 異母兄へのコンプレックスから音楽を遠ざけてきた朔が、ひょんなことから現代音楽の世界に身を投じ、ミュジコフィリア(音楽に情熱を注ぐ者たち)との出逢いを経て自分の音楽を創りあげていく。“音”と“感情”が溶け合い、心を震わせる珠玉の青春群青劇。



 解禁された場面写真は、朔や大成、凪のソロショットはもちろん、朔が入ることになった「現代音楽研究会」のメンバーや、朔を研究会に誘った・青田完一(阿部進之介)、研究会の顧問・椋本美也子(濱田マリ)、さらには朔の母親・漆原君江(神野三鈴)、大成と朔の父親・貴志野龍(石丸幹二)、朔と大成の幼なじみで大成の恋人・谷崎小夜(川添野愛)ら計9点。

関連記事


最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース