【映画】
ミュージカル映画『イン・ザ・ハイツ』吹替版に木村昴ら デジタル配信・Blu-ray&DVDで初収録

ミュージカル映画『イン・ザ・ハイツ』10月6日より先行ダウンロード販売、11月17日よりデジタルレンタル、Blu-ray・DVDの販売&レンタル開始
 今夏、劇場公開された映画『イン・ザ・ハイツ』の先行ダウンロード販売が10月6日より、デジタルレンタルが11月17日より、Blu-ray・DVDの販売&レンタルが12月3日より開始される。



【動画】総勢500人以上による圧巻の群舞は最後の1分半



 ピューリッツアー賞、グラミー賞、エミー賞、トニー賞、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームの星を受賞するなど今やミュージカル界のみならずエンターテイメント業界にその名を轟かすブロードウェイ・ミュージカル「ハミルトン」のリン=マニュエル・ミランダの処女作で、トニー賞で作品賞と楽曲賞を含む4部門を受賞(13部門ノミネート)した同名ミュージカルを映画化。リン=マニュエル・ミランダが原案のみならず製作、作詞・作曲を務めた。



 監督は、『クレイジー・リッチ!』(2018年)のジョン・M・チュウ。キャストには、『アリー/スター誕生』(18年)のアンソニー・ラモス、『キングコング:髑髏島の巨神』(17年)、『ブラック・クランズマン』(18年)のコーリー・ホーキンズ、シンガーソングライター/歌手のレスリー・グレースらが集結。彼らの驚異的な歌唱力と表現力に注目が集まった。



 劇場公開時は字幕版のみだったが、デジタル配信、Blu-ray・DVDには吹替版を初収録。主人公ウスナビ(アンソニー・ラモス)の吹替を担当するのは、国民的アニメ『ドラえもん』ジャイアン役で声優デビューした木村昴。大のラップ好きで、『ヒプノシスマイク』では山田一郎役としてラップを披露。19年からはラップユニット「掌幻と昴」を結成し本格的に音楽活動もしている。



 木村は「大好きだったミュージカル待望の映画化に心が踊りました! ウスナビが追い続けたエルスイニート"小さな夢”。この映画を通して、夢を追い続けることの素晴らしさを感じてもらえたらうれしいです。圧巻のミュージカルパフォーマンスをお楽しみください!」と、コメントを寄せている。



 ヴァネッサ(メリッサ・バレラ)役は、スカーレット・ヨハンソンやマーゴット・ロビーの吹き替えを担当している佐古真弓。ニーナ(レスリー・グレース)役は、エマ・ワトソンやリリー・コリンズの吹き替えを担当している清水理沙。ベニー(コーリー・ホーキンズ)役は、三宅健太ら、プロの映画吹替声優たちが集っている。



 物語は、NY “ワシントン・ハイツ”は、いつも音楽が流れる、実在する移民の街が舞台。その街で育ったウスナビ、ヴァネッサ、ニーナ、ベニーはつまずきながらも自分の夢に踏み出そうとしていた。ある時、街の住人たちに住む場所を追われる危機が訪れる。これまでも様々な困難に見舞われてきた彼らは今回も立ち上がるが…。突如起こった大停電の夜、街の住人達そしてウスナビたちの運命が大きく動き出す。



“In the Heights” is a trademark of 5001 Broadway Productions, LLC and Barrio Grrrl! Productions, Inc. In the Heights (C) 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.



関連記事


最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース