【エンタメ総合】
林原めぐみ、ベストジーニスト受賞に驚き「私に舞い降りる賞ではないと…」アニメ業界の変化を実感

ベストジーニスト授賞に驚いた林原めぐみ (C)ORICON NewS inc.
 声優の林原めぐみが、“最もジーンズが似合う有名人”を決定する『第38回ベストジーニスト2021』協議会選出部門を受賞。25日、都内で行われた発表会に登壇した。今春リリースした30周年のベストアルバムのタイトルに『VINTAGE DENIM』と名付け、私生活でも数え切れないほどのアイテムを愛用するという林原は、カットされたジーンズの裾をつなぎ合わせたという自前のデニムで登場。「どんなにデニムが好きだったとしても、決して私に舞い降りる賞ではないと思っていたので、とても高揚しているし、本当に本当に本当にうれしいです」と声を弾ませた。



【動画】「声優ブームに乗っかった」ベストジーニスト受賞に驚きを隠せない林原めぐみ



 表彰楯を受け取った林原は「昨今の声優ブームに乗っからせていただいたよう。アニメというものがふくらみ、それはネットの普及で、日本のみならず多くの世界に配信され愛されるように変わってまいりました。私の過去の作品も、今ここに存在しているようであり、古いも新しいも関係ない、面白いものは面白い、いいものはいいとネットを通じて構築されている昨今のような気がしています。デニムも、新しいからこそ履くワクワクしたり、古くてクタクタでも歴史を一緒に歩んできたデニムもある。新しいアニメも、古いアニメも愛せるこの時代に賞をいただいたのは感慨深く感謝しております」としみじみ語った。



 受賞の知らせを聞いた際は「なにかの間違いかと。文字ってる風などっかからかとか…LINEでスタッフから来たんですけど『どういう意味?』って」と驚いたそう。「私にとっては舞い降りることはない。獲るつもりもない、見る賞だと思っていたので、なんだかふわふわした気持ちと、アニメの世界がゆっくり変わってきたことを噛み締め、ありがたみと重みを感じています」と心境を吐露した。



 同アワードは、日本ジーンズ協議会がジーンズの良さを多くの人々に知ってもらおうという趣旨で開催され、全国一般消費者からの一般投票により男女1人ずつが選ばれる「一般選出部門」と、本協議会が推薦・選出する「協議会選出部門」で表彰を行っている。イベントには一般選出部門のKing & Prince永瀬廉、新木優子、同じく協議会選出部門のお笑いタレント・東野幸治、声優・林原めぐみが参加。また、協議会選出部門・グローバル特別賞にはプロスケートボーダー・堀米雄斗選手が選ばれ、VTR出演した。



関連記事


最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース