【エンタメ総合】
寺島進「感謝の気持ちでいっぱい」主演ドラマ『駐在刑事』1月からSeason3、藤井美菜が新加入

金曜8時のドラマ『駐在刑事Season3』寺島進演じる駐在さんが帰ってくる (C)テレビ東京
 俳優の寺島進が“駐在さん”役で主演するテレビ東京系人気ドラマシリーズの最新作が1月クールの金曜8時のドラマ『駐在刑事Season3』として放送されることが明らかになった。1月14日、初回2時間スペシャルでスタート予定(毎週金曜 後8:00)。



【画像】新加入の藤井美菜



 笹本稜平の小説「駐在刑事」「駐在刑事 尾根を渡る風」(ともに講談社文庫)を原作に、スペシャルドラマとして6本、2020年1月クールにはSeason2が放送された同ドラマ。かつては警視庁捜査一課の敏腕刑事、そして今は奥多摩の人々に“駐在さん”として親しまれている主人公・江波敦史を演じる寺島のほか、前作に引き続き、北村有起哉、笛木優子、佐藤寛太、鈴之助、市毛良枝らレギュラーキャストも出演が決定。奥多摩の魅力的な美しいロケーションを背景に、“人情とユーモアあふれるエピソード”と“謎が謎を呼ぶ殺人事件”を組み合わせた物語が展開する。



 今シーズンでは新キャラクターとして捜査一課への転籍を強く希望する警視庁捜査二課の和泉玲香(いずみ・れいか)が登場。男社会である警察組織の中で女性としてのプライドと仕事への意欲を持って突き進むキャリアウーマンを藤井美菜が演じる。他人に心を開かず、チームを信用しない一匹狼的な玲香は、時に強引に仕事を進め江波、加倉井、軽部と激しくぶつかることも。玲香の登場が、奥多摩にどんな波乱を巻き起こすのか…。そんな彼女が、ただ犯人を捕まえるためだけではなく、人々を守るために、駐在として汗を流す江波と出会うことによって成長していく姿も見どころの一つとなる。



■寺島進のコメント



 約10年弱、『駐在刑事』をやらせていただいていますが、Season3が決まったということで、ファンの方々が多くいらっしゃるのだなと実感し、続けてきてよかったなと思いました。あとは、チームワークがとてもいいので、スタッフの方々とレギュラーキャストのみんなに感謝の気持ちでいっぱいです。



 『駐在刑事』は東京とは思えない美しい奥多摩の景色がとても魅力的ですし、そこに住んでいる人々が、包み込むようなあたたかさがあり、そこも魅力のひとつだと思います。例えば、「笹崎のおばあちゃん」とか「みやこの女将さん」とか。江波はそういう人たちに囲まれて仕事ができて幸せ者だなと思います。



 基本的に見やすく、分かりやすく、そして美しく、というところは変わらず、Season3は刑事色が強くなりました。義理人情に加えて、奥多摩署の活動もちょっと盛んになっていますので、楽しみにしていただきたいです。



 また、今回新レギュラーで出演する藤井美菜さんも素晴らしいです。鋭い表情もしますが、笑顔がチャーミングであったり、そのギャップがたまらないので、和泉玲香ファンの人が増えるのではないかなと思いますね。佐藤寛太くんと藤井美菜さん、その世代の若い人たちには本当にエネルギーをもらいます。



 コロナ禍でいろいろとストレスが溜まっている方々も多いと思いますが、『駐在刑事』をみたら、心のビタミン剤じゃないですけど、元気になると思うのでぜひ観てください!



■藤井美菜のコメント



 出演が決まった時は、素直にうれしく、ありがたい気持ちでした。台本を読んだ時、男性だらけの警察組織の中で、不器用にもがきつつ、成長していく和泉玲香という女性の魅力に引き込まれたからです。ただ、撮影初日の前夜は、かなりの緊張で眠れませんでした。玲香という役の魅力を感じれば感じるほど、それを演じられるのか、と自分自身にプレッシャーとして跳ね返ってきて。さらに、完成しているチームの中に飛び込む、というのも、なかなか緊張感があるなぁ、と。



 ですが、初日が始まってすぐに、それは杞憂(きゆう)だったと気付かされました。現場の皆さんがとても温かく迎え入れてくださり、そして誰もが、このドラマを面白くしよう、という熱意に満ちていました。『駐在刑事』の現場は、コミュニケーションをたくさんとることで物語をもっと深めようという意識の高い方ばかりで、私も空き時間にいろいろとお話をさせていただきながら、楽しみつつ、たくさんのことを学んだように思います。



 私が演じる和泉玲香は、キャリアと結果のために1人でバリバリ突き進んでいくタイプで、仲間意識が全くありません。場の雰囲気を読んだり、誰かの力を借りることは一切せず、人とぶつかってばかりの気の強い女性です。1話の台本を読んだときには、なんて無礼な人なんだ、と思ったりもしましたが(笑)、ストーリーが進むにつれて、彼女が攻撃的になってしまった理由や、弱い部分も見えてきて、同じ働く30代独身女性としては、共感出来る部分も多かったです。彼女が奥多摩という地に来て、そして江波さんという駐在さんと出会って、どう成長していくか、じっくり見守っていただければ、と思っています。



 『駐在刑事』は大自然の中での撮影が多いのですが、私自身自然が好きなので、奥多摩の大自然には、たくさんの癒しをいただきました。夏から秋にかけて、深い緑から紅く黄色く姿を変えていく山々の姿は、本当に美しかったです。ただ、大自然ならではの虫の多さには、苦労する瞬間もありました。目の前を蛇がニョロニョロ通り過ぎた時と、太ももにゲンコツ大の蜘蛛が歩いていた時の2回ほど、ギャー!っと悲鳴をあげさせていただきました(笑)。和泉玲香という女性は、都会に染まっていて田舎があまり好きではないという設定がありましたので、アドリブで虫をはらう動作を入れてみたり、この大自然をお伝えしたいという思いで演じさせていただきました(笑)。



 Season3でも、奥多摩ではさまざまな事件が巻き起こります。事件の謎を追うサスペンスと、江波さんと水根の方々との人情物語、その両方が楽しめるのがこのドラマの魅力だなぁ、と思います。毎度おなじみの個性あふれる警察チームの方では、協調性の全くない和泉玲香が登場し、かき乱していきます。不器用な彼女の成長模様も、温かく見守っていただければ、と思います。金曜日の夜8時、是非、家族そろってご覧ください!

関連記事


最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース