【エンタメ総合】
イモトアヤコ、つわりで食生活が一変「身体がジャンキーを覚えてしまった」

イモトアヤコ (C)oricon ME inc.
 産休入りしたタレントのイモトアヤコ(35)が、25日までに自身のWEBコラム『よかん日和』を更新。つわりによって食生活が変わってしまい、体重が増えている現状を伝えた。



【写真】両腕で力こぶを作って…イモトアヤコ、第1子妊娠を報告



 24日に「人生最重量」と題したコラムを投稿。「この文章を書いている現在、わたしは妊娠後期の9ヶ月。お腹もかなり大きくなり、人生最重量を更新し続ける毎日」と報告し、その“理由”に触れた。



 つわりに苦しみ、「何でもいいから食べられるものを食べた方が良い」と、数年我慢していたというファストフードなどに手をつけ、「マックのポテトを食べまくった。焼きそばパンを食べまくった。サーティーワンアイスクリームを食べまくった」という。



 妊娠前までは「グルテンフリーにバターコーヒーに酵素玄米などなど、身体に良いものを取りいれていた」ものの、「朝から晩まで気持ち悪く、酵素玄米など想像しただけで勘弁してくれという気分」になり、ファストフード生活に突入。この変化に、夫の石崎史郎ディレクターも「しょうがないから俺も付き合うと言い出し、夫婦で食べまくった」と明かした。



 現在つわりは収まっているようだが、「全然気持ち悪くもないのに、ポテト欲もパン欲もアイス欲も止まらない。身体がジャンキーを覚えてしまったのだ」と、食生活は元に戻っていないよう。その“代償”が体重検診に表れ、「検診の意味すらなくなっている」「なんとか微増で出産までいけたらと祈りながら、晩ご飯のことを考える日々であります」とユーモアを交えて産休の様子を伝えている。



 イモトは自身のインスタグラムも更新し、あまそうなソースのかかったアイスクリームの写真をアップしている。

関連記事


最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース