【映画】
FKA・ツイッグスによる『キングスマン』メインテーマ特別MV解禁

『キングスマン:ファースト・エージェント』メインテーマはFKA・ツイッグス「Measure of a Man ft. Central Cee」(C)2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.
 表の顔は、高貴なる英国紳士。裏の顔は、世界最強のスパイ組織。“キングスマン”の誕生秘話を描く映画『キングスマン:ファースト・エージェント』(12月24日公開)のメインテーマ「Measure of a Man / メジャー・オブ・ア・マン」の特別ミュージックビデオ(MV)が解禁となった。



【動画】「Measure of a Man / メジャー・オブ・ア・マン」MV



 イギリスのシンガーソングライター、FKA Twigs(FKA・ツイッグス)と、世界的なブレイクを果たす英国出身のラッパー、Central Cee(セントラル・シー)のコラボレーションによる楽曲。



 キングスマンシリーズ最新作のメインテーマを歌うアーティストとして大抜てきされたFKA Twigsは、音楽やファッション、アートの垣根を超えて新世代アーティストとして世界中から注目を集めている。



 デビュー・アルバム『LP1』では、英国で最も優れたアルバムに対して贈られるマーキュリー賞や英国レコード産業協会による音楽の祭典式ブリット・アワードにノミネートされ、楽曲「セロファン」のMVでは彼女にとって2度目となるグラミー賞の最優秀ミュージックビデオにノミネートされるなど、その輝かしい功績は驚くべきもの。さらに彼女はアーティストとしてだけではなく、パフォーマー、プロデューサー、ディレクターとして活躍し、チャイルディッシュ・ガンビーノ「This Is America」のMVでグラミー賞を受賞したヒロ・ムライの短編映画『Sad Day』でコラボレーションを行うなど、多岐にわたってクリエイティブな活動を続けている。



 今回解禁となったMVにも、一目見れば釘付けになるような魅惑的で独特な世界観が広がるFKA Twigsならではの魅力があふれており、キングスマンのスタイリッシュかつ過激な世界と見事融合した仕上がりとなっている。



 今回解禁された楽曲のように、キングスマンシリーズには最高のアクションを引き立てる“最高の”音楽も欠かせない要素。過去シリーズ作『キングスマン』では、アメリカのサザンロックバンド、Lynyrd Skynyrdによる「Freebird」、世界中の誰もが知るエルトン・ジョン本人も登場した『キングスマン:ゴールデン・サークル』では彼の名曲「Saturday Night's Alright for Fighting」が流れ、戦闘シーンにかかる絶妙な選曲も高い人気を誇る魅力のうちの一つ。超過激なバトルシーンに響き渡る音楽が、豪快なアクションを引き立て、ポップかつ爽快にブチあがる“キングスマンにしか生み出せない世界”へと観客を誘ってきた。



 最新作『キングスマン:ファースト・エージェント』では、世界最強のスパイ組織”キングスマン“の誕生秘話が描かれる。時は1914年、世界大戦を密かに操る”闇の狂団“が世界を混沌に落としれようと目論む中、人類の危機を救うため、英国紳士のオックスフォード公とその息子のコンラッドら初期メンバーが、”世界大戦を止める“という史上最大のミッションに挑む。20世紀初頭の物語と、21世紀の楽曲の融合に大きな期待が高まる。



関連記事


最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース