【エンタメ総合】
こびとプロレス復活にレスラー喜び「病気ならやっていない」 ダンプ松本からの叱咤激励に感激

こびとプロレスの復活を喜ぶ(左から)ザ・グレート・サスケ、ミスター・ブッタマン、プリティ太田、ダンプ松本、東ちづる (C)ORICON NewS inc.
 1980年代までお茶の間で愛されていた「こびとプロレス」。その再生を目指すプロジェクトから生まれた新団体『椿ReINGz(ツバキリングズ)』の設立の記者会見が7日、都内で開催された。



【動画】ダンプ松本、こびとレスラー・プリティ太田に愛ある喝「ヤル気です!」



 現在日本で活動している「こびとプロレス」のプロレスラーは、プリティ太田とミスター・ブッタマンの2人だけとなった。そんな中、「こびとプロレス再生プロジェクト実行委員会」が有志メンバーで結成。8月22日から10月15日まで行われたクラウドファンディング『存続の危機を救え!こびとプロレス再生プロジェクトへご支援を!』は、目標額250万円に対して477万8000円の支援金を集め、こびとプロレス専用のリングを購入することに成功した。



 そして、つばきHOLDINGSがプロジェクトの運営主体となり、大田区に日本初のこびとプロレス専用の道場を開設、新団体『椿ReINGz(ツバキリングズ)』を設立することに。団体は、新人レスラーの募集と育成に力を注いでいくと共に、来年5月をめどに興行の開催を目指す。



 司会を務めた東ちづるは「全盛期は10人以上いた、なんで『こびとプロレス』が衰退してしまったのか。ご存知ない方もいると思いますけど、こびとという言葉は自粛用語。こびとプロレスやこびとタレントさんがバラエティーで活躍していたんですが『障害者を働かせるのか』『障害者を笑いものにするのはいかがなものか』という声があって、結果的にはこびとレスラーやこびとタレントさんから職を奪ったという現実がある」と振り返る。



 プリティは「そこを変えていかないといけない」と疑問を語る。こびとプロレス界最大のスターとして知られるミスターポーンを父にもつ、こびとレスラーのサラブレッドとして知られるブッタマンも同調。プリティは“こびと”という言葉を「ぜひ使ってほしい。テレビでも言ってほしいぐらい。それがダメなのが私らは許せない」と呼びかける。そして「病気ならレスラーをやっていない。こびとプロレスラー、絶賛募集中です! 健康でプロレスが好きな人であればウェルカムです!」と呼びかけていた。



 また、会見には女子プロレスラーのダンプ松本も登場。全盛期をリアルタイムで見ていたダンプは「新人の時から、ずっと見てきました。どんなに先輩たちにイジめられても、1試合目のこびとレスラーの試合を見て笑ってストレスを解消した。本当に面白くて、面白くて1日の練習の疲れを忘れられる。笑っていると先輩に怒られるから、見せないようにして笑ってました」と思い入れを語る。それだけに、2人の試合を見た感想を問われると「ぶっ飛ばしたいです! こんなにヒドいのでリングに上ったのか! これでギャラをもらったのか! 客に金返せ! 楽するのは年寄り」と竹刀を鳴らしながら小言を並べた。今や怒る人もいなくなるほど、こびとプロレスは衰退。久しぶりに叱咤激励を受けた2人は感激しっぱなしだった。



 さらに、現在、プリティと“抗争中”のザ・グレート・サスケは「強いです」ときっぱり。「こびとプロレスにしかできないことを期待している。現在進行形でプリティ選手と私は戦っている。すでにメディアミックスも始まっています。私自身も戦い続けたいと思います」とアツいメッセージ。ダンプも「2人には、ダンプにこんなヒドくを言われて、いつか『あの時は、あんなふうに言われたけど俺たち頑張ったな』と思えるようにしてください!」とエールを送った。



 最後にプリティは「このリングで、全盛期のこびとプロレスに近づけるように気合を入れていきたい」と宣言し、ブッタマンも「気合を入れていきます。これからもこびとプロレスを、もっと応援してください! よろしくお願いします」と呼びかけていた。



関連記事


最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース