【エンタメ総合】
HKT48初代センター田島芽瑠が卒業発表「女優さんという夢に向かって挑戦したい」

HKT48卒業を発表した田島芽瑠 (C)ORICON NewS inc.
 アイドルグループ・HKT48の初代センター田島芽瑠(たしま・める、22)が15日、福岡・西日本シティ銀行 HKT48劇場で行われた公演でグループからの卒業を発表した。卒業公演は3月14日に同劇場で行われる。



【写真】自身のインスタで卒業発表の経緯を伝えた田島芽瑠



 グループの公式サイトでも「本日の劇場公演にて、田島芽瑠より卒業の発表がございました」と報告され、運営会社は「田島芽瑠とは卒業に関して、話し合いを重ねてまいりましたが、本人の意向を尊重した結果、大変残念ではございますが、2022年4月3日(日)のHKT48 2ndアルバム『アウトスタンディング』劇場盤発売記念「2ショット写真会」をもって、活動を終了させていただきます」と伝えた。



 田島も自身のインスタグラムを更新し、「本日の公演でHKT48からの卒業を発表させていただきました」と改めて報告。卒業を決めた理由について「18歳の時に映画『泣くな赤鬼』に出演させていただいたことをきっかけに私は女優さんになりたいと思うようになりました。それからずっとお芝居をしたいと言い続けその思いが揺らぐことはなく、22歳になりました。12歳でHKT48に加入して10年になります。将来について真剣に考えた時に女優さんという夢に向かって挑戦したいと思い卒業を決断させていただきました」と説明した。



 約10年の活動を振り返り、「HKT48は私にとって青春であり、みんながいてくれたからこそ今の私がいて、育ててくれた大切な場所です。もちろん楽しいことばかりじゃなくて、苦しくてたまらなくて泣く夜もありました。でも思い出すのは楽しかった時間ばかりで、そんな風に思える自分になれたのも皆さんのおかげで本当にありがとうの気持ちでいっぱいです」とファンに感謝。



 「芸能界を辞めるわけではないし、新しい挑戦をこれからも見守っていただけたら嬉しいです!」と呼びかけると、「卒業公演は3月14日、活動最終日は4月3日の福岡で行われる写メ会を予定しています。アイドルラストラン 私らしくみんなと一緒に駆け抜けていきたいと思ってるので何卒よろしくお願いします!」とあいさつして結んだ。



 田島は2012年にHKT48の2期生として加入。同年12月、HKT48初のオリジナル曲「初恋バタフライ」でセンターを務めると、2013年3月発売のHKT48のデビューシングル「スキ!スキ!スキップ!」では13歳の研究生にして初代センターに抜てきされ、話題を呼んだ。

関連記事


最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース