【音楽】
BoA「ただいま!」17年ぶり代々木公演に笑顔 コロナ禍で歓声自粛もジョークで楽しむ

BoA=スペシャルライブ『BoA 20th Anniversary Special Live The Greatest』の様子
 歌手のBoAが29日、日本デビュー20周年の集大成となるスペシャルライブ『BoA 20th Anniversary Special Live The Greatest』を国立代々木競技場 第一体育館にて開催した。BoAが同会場で単独公演を行うのは、2005年4月の全国ツアー以来約17年ぶりで、観客7000人の前で全30曲を披露した。



【ライブ写真】美ボディがチラリ!ミニスカ衣装で踊るBoA



 2001年5月30日にシングル「ID;Peace B」で日本デビューを飾り、昨年20周年を迎えたBoA。日本デビュー20周年の集大成となる今回のライブは、2003年春に初めて開催された単独での日本ツアー『BoA FIRST LIVE TOUR 2003 ~VALENTI~』ファイナルが行われた場所でもある代々木第一体育館で開催した。



 日本でのブレイクのきっかけとなった4枚目のシングル「LISTEN TO MY HEART」、自身のシングルで最高売上を記録している7枚目のシングル「VALENTI」などの代表曲や、21周年目を迎える翌30日にリリースとなるアニバーサリーアルバム『The Greatest』に収録されている新曲「The Greatest」を初歌唱した。



 また、VERBAL(m-flo)、Crystal Kay がゲスト出演し、さらに当日のサプライズゲストとして、所属事務所の後輩であるYUNHO(東方神起)も出演。ゲスト出演する3組のアーティストがBoAと縁のある楽曲をそれぞれ披露し会場を盛り上げた。



 BoAは17年ぶりとなる同体育館での単独公演について、公演前「初めて代々木のステージに立った時は、緊張しすぎて記憶があまりないです。なので、20周年を迎えて、改めて同じステージに立てることを、光栄に思っておりますし、今回はその景色を目に焼き付けたいと思います」と意気込み。



 ファンとの久々の交流に「こんなに長くファンの方と会えない、日本にも来られない期間はデビュー以来、初めてでした。久しぶりに直接再会できることがまだリアルに感じられないですが、本当に楽しみですし、少し緊張もします。そして、その再会を20周年のメモリアルなライブでできるということは特別なことだと思ってますし、本当にファンのみんなに感謝してます」と伝えた。



 そして、ライブが幕を開け、トークコーナーで「ただいまー!」と元気にあいさつ。コロナ禍での公演に「歓声ができないと聞いて、この(盛り上がる)セットリストだと罰ゲームだなと思って…」と嘆きながらも、「みなさん、『笑ってはいけない24時』を撮っているんですよ! ふふふ。大変そうだな! これもこれで面白い。いつも、バンバン! みなさんから突っ込まれていたけど」とジョーク。コロナ禍の逆境も楽しんでいた。

関連記事


最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース