【経済・トレンド】
ローソン初、「移動販売専用店舗」が開始 郵便局の空きスペースで約300種の食料品を販売

ローソンの移動販売専用店舗イメージ
 ローソンは、買い物困難地域への新たな取り組みとして、郵便局の空きスペースを配送拠点とした移動販売サービスを開始する。7月4日より、新潟県南魚沼市にある「越後上田郵便局」の倉庫を、対面販売を実施しない“移動販売専用店舗”とし、商品在庫の保管や移動販売車両の拠点として運用する。



【画像】移動販売の拠点となるのは「郵便局」の倉庫



 同社が“移動販売専用店舗”の運用を開始するのは初めてだが、2013年より本格的に移動販売を開始し、現在35都道府県の約100店舗で近隣の高齢者施設や事業所など、買い物が困難な場所で展開してきた。これまでは、既存の店舗で発注した商品を移動販売車両へ積み込み、周辺の地域で移動販売を実施していたため、拠点となる店舗がある地域でしか移動販売を行っていなかった。



 今回、郵便局の空きスペースを移動販売専用店舗として活用することで、周辺にローソン店舗が無い地域でも移動販売を行うことが可能となる。なお、南魚沼市では、郵便局内に専用の売り場を設置してローソン商品を販売するなど、地域の利便性につながる取り組みも検討している。



 南魚沼市上田地区(雲洞、長表、早川、枝吉、金清坊、中之島、掛之下、広道、原芝野、横新田、上神字、滝谷2か所)、沢口、一之沢、姥沢、台上、蟹沢、清水)の計19ヵ所で、月曜日~金曜日、曜日によって異なるが、10時~16時10分までの実施。おにぎりやサンドイッチ、お菓子、飲料に加え、地元スーパーと連携した商品(野菜、果物、肉など)も含んだ約300種類を販売する。

関連記事


最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース