【エンタメ総合】
Snow Man宮舘涼太、海老蔵に感情をもてあそばれる「もうグチャグチャですよ…」 サプライズ&エールに

『SANEMORI』製作発表記者会見に出席した(左から)宮舘涼太、市川海老蔵 (C)ORICON NewS inc.
 歌舞伎俳優の市川海老蔵(44)、人気グループ・Snow Manの宮舘涼太(29)が4日、都内で行われた初春歌舞伎公演市川團十郎襲名記念プログラム『SANEMORI』(来年1月上演)製作発表記者会見に出席した。



【写真】凛々しい表情で…“雪”の紋付き姿で登場した宮舘涼太



 『SANEMORI』は、海老蔵が伝統の継承と新時代の歌舞伎の創造を融合させた舞台を目指し、2013年から自主公演として始めた「ABKAI」の5回目(2019年)に、シアターコクーンで上演された。今年11月・12月に歌舞伎座での十三代目市川團十郎白猿襲名披露を控える海老蔵が、この襲名披露興行の次に行う公演となっている。



 前回は平治の乱で平清盛に敗れた源義朝の霊、義朝の弟・義賢、実盛の3役を海老蔵が、宮舘は平家打倒の旗を掲げた源義仲を務めた。今回は、海老蔵が実盛を、宮舘が義賢、義仲の親子役を務める予定ということが、サプライズで海老蔵から発表された。宮舘は「ホントですか? 今、ここにいる皆様と同じタイミングで知りました」ときょとんとし「早急におけいこを始めたい」と大慌てに。



 一方で海老蔵は、3年前に宮舘から感じたことについて「おけいこの時、初日の時、また千秋楽に向かって行く姿をずっと拝見していた。伝統の古典に向き合おうとする姿勢が今の若い方々にはあまり見ないような真っすぐさ。妥協もないし、手抜きもない。自分に甘いというのもみじんもない。そういう向き合う姿勢をけいこの時に素晴らしいと感じた。それゆえに緊張とかも同時に生まれたと思う。そういうものは、自分の体を束縛する。そういうものと戦っているのも見ていた」と振り返る。「そうじゃなくていい」と声をかけようとしたこともあったが、海老蔵は「それを経験されている方がいいと思った」と自ら成長することを願っていたことを、この日の会見でさらに打ち明けた。



 海老蔵の真意を初めて聞いた宮舘は「もう感情がグチャグチャですよ…。2役も今聞いて、成長を見守ってくださっていて…。うれしさもあり、今後の課題も見つかるかな、という気持ちですね」と、さまざまな感情が入り混じった表情で心境を明かしていた。



 古典歌舞伎の名作『源平布引滝』より『実盛物語』を主軸にした歌舞伎作品。源平争乱で、智勇を兼ね備えた武将の斎藤実盛が、平家に仕える身でありながら、恩義のある源氏に忠義を尽くそうとする生きざまを、現代の感覚も取り入れて描く。



 『SANEMORI』は、来年1月6日から27日まで、東京・新橋演舞場で。

関連記事


最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース